【中国】クチコミ最悪評価のホテルに泊まったらこうだった! まさかの秘密も発覚「ここで拷問が行われていたらしい」上海魔都ホテル<前編>

中国を旅行された方はご存知だろう。中国ホテルの「○ツ星」ほど信用できないものはない。「4ツ星」で何とか日本のビジネスホテルクラス。「3ツ星」だとかなりの確率で小汚く、ある意味お察し状態だ。

そんなお察しホテルなかでも、とくに低評価を食らっているホテルがある。中国人さえも全力で “無理” と評価する場所には、一体どんな絶望が待っているのだろう。……って私(沢井)の定宿、そんなに低評価だったのか! ということで魔都・上海の最悪評価ホテルを紹介したい。

・立地は最強

そんなホテルがあるのは地下鉄10号線四川北路駅から徒歩5分圏内だ。上海最大の観光地 “バンド(外灘)” からも遠くなく、近くにはコンビニもスタバだってある。立地に関しては間違いなく最強クラスである。

・設備は文化遺産レベル

宿泊費も1部屋3000円前後~とメチャクチャ安い。だが、そのアドバンテージも生かせず、中国内外のクチコミサイトに「最悪」と書かれている理由はズバリ「設備」である。

薄暗い部屋にはホコリがつもり、ベッドにはかなりの確率でダニが潜伏! エアコンは動くけど、滝のように水が漏れる。水と言えば、シャワーは21世紀とは思えない貧弱な水圧だ。無論、独特の香りがする。

そして、貴重な備品であるスリッパは、シルクより薄く、天使の羽のごとく軽い。むしろ技術の高さを感じるレベル。なお、無線LANは根性なし。有線LANはもっと根性なし……。

繁華街に行けば、東京なんか遥かに凌駕するスーパーシティ上海に、まだこんな宿があったなんて! 「守りたい……この上海」一周回ってそんな風にさえ思えてしまう文化遺産級の設備なのだ。

・でも人情がある / 仲良くなるとヤミツキに

正直、ある程度の経験値をつんでいないとオススメできないこのホテル。それでも私はこの宿が大好きだ。それはホテルで働く人の人情である。一見、とても不愛想だが、馴染みになると帝国ホテル並のサービスと心遣いを見せてくれるのである。


FX億り人から教わった単純なあるデイトレ手法





FX自動売買プログラムを簡単に作れる!MT4EAエディタ


具体的な例を紹介しよう。2011年3月11日のこと。同じくここを定宿、いや家かってレベルで利用している「上海 “赤ふん” 保存協会・会長」のショーロンポー・アツイ氏は、ちょうどこの日に宿泊していた。

日本では東日本大震災が……するとホテルの社長夫妻が「日本が大変だ!」と飛んできてアツイ氏を連行。社長室の電話で日本に連絡するよう指示し、家族の安否が確認できるまで傍にいてくれたのだとか。さらに帰国の折には「今、日本は食糧がないらしい。これを持って行きなさい」と大量のカップ麺を持たせてくれたのだという。


また、ビニール傘を盗まれたときは、ホテルの警備員が「任せろ」と出動。数時間には取返してくれたそうだ。ボコボコにされた犯人と共に

一度、彼らの懐に入れば家族同然に接してくれる。泊まれば泊まるほど愛着がわくというものだ。かつてタイ・バンコクに存在した「ジュライホテル」や「台北旅社」などを愛した旅人の方にはわかってもらえると思う。このホテル……翰庭酒店(ハンティン)がない上海なんて考えられない。

さて、そんなホテルで顔なじみになった結果……予想外のモノを見せてもらえた。警備のオッサンによると「この先は牢屋。拷問が行われていたらしい」。……マジかよ。<つづく>

参考図書:『上海歴史ガイドマップ(大修館書店)』
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24


FX億り人から教わった単純なあるデイトレ手法




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ



コメントを残す