「Go Toトラベル」が感染者増加に影響した可能性 京都大学のグループ発表

1:蚤の市 ★ 2021/01/25(月) 06:26:38.16 ID:4x42wQlw9

政府の観光需要の喚起策「Go Toトラベル」が始まった去年7月、旅行に関連した新型コロナウイルスの感染者が増えていて、キャンペーンが当初の段階で影響した可能性があるとする研究論文を京都大学のグループが発表しました。

これは京都大学の西浦博教授らのグループが国際的な医学雑誌「ジャーナルオブクリニカルメディシン」に発表しました。




グループは、去年5月から8月にかけて24の県から報告された新型コロナウイルスの感染者およそ4000人を分析し、およそ20%が、発症前に旅行していたり旅行者と接触したりするなど旅行関連とみられる感染者だったということです。

そして…
続きはソース元で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210125/k10012831381000.html

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す