【悲報】持続化給付金事業がが電通からの9次請けだった件について経産省「適切性確認」

s 35
1:田杉山脈 ★ 2021/08/13(金) 11:47:08.66 ID:CAP_USER

国の持続化給付金事業で再委託や外注が繰り返された問題で、不透明な業務や支出の無駄がないかを検査していた経済産業省は12日、最終結果を公表した。事業に関与した企業は564社(受注額100万円以上)に上り、下請けは最大9次まで及ぶことが明らかとなったが、経産省は「手続きや取引の適切性を確認した」と結論づけた。




国と元請けの一般社団法人サービスデザイン推進協議会(サ協)との当初の契約額は769億円だったが、昨夏以来の申請件数の減少に伴い、実際の支払額は669億円で確定。うち約95%にあたる640億円が電通への再委託費に当たる…
続きはソース元で
https://www.tokyo-np.co.jp/article/123804

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す