Intel、AMD Radeon RX Vega M搭載の第8世代Coreプロセッサを正式発表

Intelは、第8世代Intel Coreプロセッサの新モデルとして、AMD製のディスクリートGPU「Radeon RX Vega M」を搭載した「8th Gen Intel Core Processors with Radeon RX Vega M Graphics」を正式発表。詳細スペックが明らかになった。

「8th Gen Core Processors with Radeon RX Vega M Graphics」は、Intelが2017年11月に公開した新プロセッサ。ゲームやコンテンツ制作、VR/MRといった高いパフォーマンスが求められる用途を対象としたノートPCや小型フォームファクタ向けの製品となる。

CPUとGPU、グラフィックスメモリを同一パッケージに

4コア/8スレッドCPU「Kaby Lake-H」に加えて、EMIB(Embedded Multi-die Interconnect Bridge)技術を採用することで、Radeon RX Vega Mと4GBのお広帯域メモリ「HBM2」を1パッケージで提供する。


4コア/8スレッドCPUとRadeon RX Vega Mと4GB HBM2を同一パッケージに実装

CPUとGPU間はPCIe 3.0 x8で接続。GPUチップとHBM2チップはEMIB技術によりブリッジしている
続きはソース元から
https://news.mynavi.jp/article/20180108-568850/

https://newsroom.intel.com/news/8th-gen-intel-core-radeon-rx-vega-m-graphics/

続きを読む

Source: IT速報




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

コメントを残す