米国スマホシェア、Androidが10年以上ぶりにiPhoneに抜かれ2位に転落

1:ムヒタ ★ 2022/12/26(月) 07:55:16.54 ID:iKFy0Rcs

米国のスマートフォンシェアで、「Android」が10年以上ぶりに「iPhone」に抜かれ、2位に転落した。無料のオープンソースOSであるAndroidは、今でも世界の多数のスマートフォンに搭載されており、サムスンやMotorola、OnePlusのデバイスで採用されている。TCL、Nokia、BLUといった低価格ブランドのスマートフォンを足しても、Androidスマートフォンの米国におけるシェアはiPhoneに及ばない。





世界的に見ると、Appleがシェア1位を誇っている国は多くない。AppleのシェアがAndroidを上回っている国は、米国、カナダ、日本だけだ。それ以外のすべての国では、Androidがリードしており、多くの場合、Appleに大きな差を付けている。

Androidが首位から陥落したことは…
続きはソース元で
https://japan.cnet.com/article/35197729/

続きを読む
Source: IT速報

コメントを残す