メタマスクのIPアドレス共有騒動にみる中央集権化の問題

暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメタマスク(MetaMask)は11月下旬、サービス利用規約の変更で批判を受けた。メタマスクを手がけるコンセンシス(ConsenSys)が構築したブロックチェーンインフラ「Infura」にユーザーのIPアドレスなどの情報を共有することが明らかになったためだ。

23525582_s
Source: 仮想通貨まとめNews

コメントを残す