竹中平蔵氏「統一教会と関わった政治家はみんな悪。こんな理論は法治国家としてありえないですよ」

 15
1:それでも動く名無し 2022/09/18(日) 19:09:59.04 ID:T6cBI6fZM BE:999047797-2BP(1000)

元総務相で経済学者のパソナグループ会長・竹中平蔵氏(71)が18日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(日曜後1・30)に出演。旧統一教会と政治家の問題について語った。





竹中氏は「今起こっていることを物凄く単純化して言うと、統一教会っていうのは悪い集団であると。で、そこに何らかの形で関わった人はみんな悪い政治家である、ということですけども、これね、法治国家としてあり得ない理論だと思うんですよ」と口に。「宗教の自由があって、宗教をやりながら政治活動をするのは自由ですよ。メルケルさんはキリスト教民主同盟だったし、日本には創価学会、公明党っていうのもあるわけだから、宗教の自由、信仰の自由と政治の自由っていうのはちゃんと守らなきゃいけないわけです」と訴え…
続きはソース元で
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/18/kiji/20220918s00041000568000c.html

続きを読む
Source: IT速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。