ブロックチェーンの用途は暗号資産だけに留まらない

会話の中で「ブロックチェーン」という言葉を使えば、暗号資産(仮想通貨)やメタバース、ウェブ3など、ニュースでよく聞かれるいくつかの話題へと移っていく可能性が高い。

1793634_s
Source: 仮想通貨まとめNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。