【悲報】カニとウニ、価格高騰の恐れ避けられず。5割前後をロシア産が占める、代替調達難しく

1:ぐれ ★ 2022/03/27(日) 10:04:41.24 ID:vcUPsa1k9

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、日本国内で水産物の価格高騰が懸念されている。日本にとってロシアは世界3位の水産物の輸入先で、カニやウニなどはロシア産のシェアが最も多い。輸入が滞れば品不足に陥る可能性が高いからだ。ロシア上空を通る航空便の規制により、既に北欧の一部の国からの水産物輸入に影響が出始めている。




「制裁内容によってロシアがどう動くか分からず、戦々恐々としている」。ロシア産の水産物について、東京・豊洲市場(江東区)の卸会社担当者はこう話す。現時点で入荷の状況に大きな変化はないが、ロシアからの輸入が滞れば価格が高騰する恐れがある。

担当者によると…
続きはソース元で
https://www.sankei.com/article/20220326-EZE3TYLYQFJGRK6MROPOVRJ7RU/

続きを読む
Source: IT速報

コメントを残す