トヨタが新型ランクルをEV化しなかった理由「『生きて帰ってこられる』性能を担保する電動システムがない」

1:田杉山脈 ★ 2021/08/25(水) 13:45:57.37 ID:CAP_USER

トヨタ自動車が14年ぶりに全面改良して発売した新型の多目的スポーツ車(SUV)「ランドクルーザー」。気になるのは、電動化という時代の大潮流に逆行するようなパワートレーン選択だ。




ハイブリッド車(HEV)すら設定せず、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの内燃機関車に絞った。理由を探ると、高い信頼性や耐久性、悪路走破性が求められる「ランクル」ならではの部品選択の考え方があった。

脈々と受け継がれる設計思想
「現時点では、…
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC178WH0X10C21A8000000/

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す