【悲報】最低賃金で「先進国ビリ」の日本。いよいよ海外に出稼ぎ行く時代突入

 1
1:田杉山脈 ★ 2021/08/24(火) 13:07:29.80 ID:CAP_USER

「えっ、そんなに安いのか?」。首都圏に住むメーカー勤務の石原卓明さん(仮名)は驚いた。東北地方の国立大学にこの春進学した娘から、アルバイトの時給を聞いた時のことだ。

娘は全国チェーンのコンビニエンスストアでバイトしており、時給は日中であれば840円だという。「その金額じゃあ、お父さんが学生時代にしていたバイトの時給と、ほとんど変わらない。もう30年近く経っているのに、どうして?」。思わずこう言って娘に詰め寄ってしまった石原さんだった。




石原さんの娘がもらっている時給は、決して法外に安いというわけではない。

東北地方の最低賃金は宮城県825円、福島県800円などで、6県平均で799.3円だ(2021年8月時点)。840円という金額は東北全県の最低賃金をクリアした、合法的な時給である。

そうなると浮上するのは、「最低賃金そのものが低いのではないか」という疑いだ。その通り。日本の最低賃金が安いのだ。

日本の最低賃金はG7(先進7カ国)では実質的に、最下位の状況で…
続きはソース元で
https://diamond.jp/articles/-/279954

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す