自動車評論家「このままでは日本車は本当にヤバい。海外の高性能格安EVに対抗できなくなる」

1:ボラえもん ★ 2021/06/03(木) 13:05:13.30 ID:xibzalU59

自動車は日本の基幹産業だ。しかし「EV(電気自動車)シフト」で、その勢力図が一変しつつある。モータージャーナリストの五味康隆氏は「これまでEVは『お金持ちのおもちゃ』だったが、急速に価格が下がっている。このままだと海外の高性能な格安EVに、日本車が対抗できなくなる恐れがある」という――。

■テスラ新型は序の口にすぎない




最近、僕はテスラの新型車「モデル3」を試乗しました。モデル3、特に上海工場で製造されたモデル3はボディの剛性が高く、動力性能の高さ、高速走行での安定性、操縦性のよさなど、商品として完全に「ものになっている車」です。

充電1回あたりの航続距離は、エントリーグレードの「スタンダードレンジプラス」でも409km(WLTP)あり、その販売価格は429万円。今は「令和2年度第3次補正予算」で補助金が増額され、モデル3であれば80万円の補助金がつくので、実売価格は349万円と、一般の人にも手が届く範囲となっています…
続きはソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c958c04df40207b5884622800071a015becea154?page=2

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す