IOC委員「日本国民はただ『嫌だ』と言っているだけではないのか。開催したらきっと成功を喜ぶことだろう」

1:ネトウヨ ★ 2021/05/27(木) 00:24:51.82 ID:vflJDooR9

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、開催の是非が問われている東京五輪。そうした中、IOC(国際オリンピック委員会)の最古参委員、ディック・パウンド氏(79)が、「週刊文春」の単独インタビューに応じ、「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」などと述べた。

中略

――日本の世論調査では今夏の開催に8割が否定的だ。




「昨年3月、延期は一度と日本が述べたのだから、延期の選択肢はテーブル上に存在しない。日本国民の多くが開催に否定的な意見であるのは、残念なこと。ゲームを開催しても追加のリスクはないという科学的な証拠があるのに、なぜ彼らはそれを無視して、科学的なことはどうでもいいと言うのか。ただ『嫌だ』と言っているだけではないのか。開催したらきっと成功を喜ぶことだろう…
続きはソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6da971d6c93f9884a70bcef4929d1fe06955b34

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す