海外メダリストも五輪出場拒否を表明。「辞退ドミノ」の幕開けか

1:砂漠のマスカレード ★ 2021/05/20(木) 13:37:48.73 ID:xfpU0ZFM9

いよいよアスリートの辞退ドミノが幕を開けそうだ。

「五輪はアスリートの祭典だが、東京では心の底から楽しめない。今は五輪を祝うべきではない」

言葉の主は、2008年北京五輪の馬術障害飛越個人で金、16年リオの同種目で銅を獲得したエリック・ラメーズ(53=カナダ)。17日に東京五輪の国内代表選考から辞退し、五輪に出場しないことを表明した。




ラメーズは4年前から脳腫瘍を患い、3年間の治療を経て競技に復帰。「私にとって健康は非常に重要で、東京はベストな開催地ではないと判断した。現在、健康状態は安定しているが、いくつかのリスクを考慮しなければならない」と、感染リスクの懸念にも言及した。団体戦に出場予定だったチームメートの薬物違反で団体の出場権を失ったことも影響したというが、22年の世界選手権や24年のパリ五輪は目指すというから、今回の東京に「NO」を突き付けた格好だ。

カナダは体操代表選手団がすでに五輪をキャンセルした…
続きはソース元で
https://news.livedoor.com/article/detail/20223581/

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す