平井デジタル相「中抜きとか丸投げとかいうが、そういうのが許されるような状況はITの世界にはないと思っている」

1:雷 ★ 2021/02/13(土) 12:52:39.51 ID:2ZwtjIQW9

中略

「デジタル庁では多重構造ではない発注の仕方を」

COCOAのアプリ開発を巡っては、多重下請け構造による情報共有のミスがあったのではないかとの指摘もある。これに対し、平井大臣は「全ての国の発注業務もそうだが、プロジェクトがあり、プロジェクト管理をする人がいて、その能力がある会社が協力するという構図はなくならないと思う」と私見を述べた上で、「マスコミ報道で中抜きとか丸投げとかいうが、そういうのが許されるような状況はITの世界にはないと思っている」と指摘。




ただ、「発注者に能力が無かった時にはスタート段階から外部に委託する。そうすると下のレイヤーに仕事が出ていく」とし、「デジタル庁を作る目的が発注能力を高めるということ。自分でプロジェクト管理できる能力をもつということなので、デジタル庁では今後、このような多重構造ではない発注の仕方を最終的に目指していきたい」と改めてデジタル庁創設の意義と創設後の方針を示した…
続きはソース元で
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2102/12/news142_2.html

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す