“ひまわりの小都市”が始めるデジタル通貨──お金の“地産地消”しかけるフィノバレー

人口4万6000人の小さな九州の都市がデジタル地域通貨を2月に始める。 長崎県の島原半島南部に位置し、夏には各所でひまわりの花が咲き乱れる南島原市だ。「島原手延べそうめん」で知られる南島原市は来月から、デジタル地域通貨「MINAコイン」の運営を開始する。市民が、お金をスマートフォンにチャージし、1MINAコイン・1円の価値を持つMINAコインに変換して市内の商店で利用することができる。

c187e5cd08dc13d7eeb6808dfc9506a6_s


Source: 仮想通貨まとめNews

コメントを残す