【悲報】政府が推奨する「ワーケーション」、全く浸透していない

 14

株式会社INFORICHは、「テレワークとワーケーションに関する意識調査」の結果を発表した。ワーケーションの利用率は、テレワークをしている人のわずか5%だったという。

ワーケーションをやってみたい/興味があると考えている人は6割に上るが、実際に行ったことがある人は5%に過ぎないことが分かった。その理由として、コストの問題と、仕事と休暇をはっきりと分けたいためだとしている。

調査は、テレワークを週に1回以上行っている20代から40代の1000人を対象に、10月初旬からインターネットにより実施した。なお、エッセンシャルワーカー(日常生活を支える仕事に就く人)は含まれていない。

 「あなたが現在テレワークを実践している場所はどこですか?」(複数回答可)との質問では、「自宅(屋内)」が93%、「自宅のテラス、庭、屋上」が5%、「コワーキングスペース」が4%と続い…
続きはソース元で
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1287682.html

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す