ソフトバンクとKDDI、5G整備にそれぞれ2兆円投資へ

国内通信大手が次世代通信規格「5G」のインフラ整備向けの投資を大幅に増やすという。

ソフトバンクとKDDIは今後10年の基地局整備などにそれぞれ2兆円を投じる。通信業界は約10年ごとに規格の世代が変わり、設備の大規模更新が必要になる。前世代の4Gと比べて5Gはスマートフォンやネットサービスなど関連産業の裾野が広く、景気を下支えしそうだ。




ソフトバンクはこのほど2030年度までに新たに2兆円をかけて基地局…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65792470T01C20A1MM8000/

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す