ペイパル「暗号資産」市場参入 4つの課題──手数料、補償、カストディ、課税【ビットコイン】

米決済大手PayPal(ペイパル)の暗号資産(仮想通貨)市場参入が、「暗号資産を決済法として広範囲に普及させるチャンス」として喝采を浴びる一方で、数々の問題点を指摘する声が専門家やコミュニティーから上がっている。現時点で議論されている重要課題は4つに整理できそうだ。

3E-iQ-bP

Source: 仮想通貨まとめNews

コメントを残す