Chromebookのシェアが1%から13%に急増。2021年には24%を占めると予測

株式会社MM総研は、国内Chromebookの市場規模調査を実施し、その結果を発表した。2019年末時点で245,000台(シェア1%)だった市場は、2020年には1,571,000台(シェア13%)に急増する見込みだという。

ChromebookはChrome OSを搭載したノートパソコンで、主要パソコンメーカーから販売されている。2020年度は、文部科学省が推進するGIGAスクール構想により、公立小中学校に1人1台の端末配備が進んでおり、そのなかでChromebookを採用する自治体が増えたことで、出荷台数が急増しているという。

これにより2020年のChromebook出荷台数は1,571,000台と、前年比で10倍以上の伸びとなる見込み。そして2021年1~3月期を含む2021年には、2,815,000台(シェア24%)に達し…

続きはソース元で
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1284/496/index.html

https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=457

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す