新型コロナで利用者急増の「Zoom」にセキュリティー問題ありと発表

テレビ会議システム「Zoom」を提供しているアメリカのIT企業は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に在宅勤務が増え利用者が急増している自社のシステムについて、セキュリティー上の問題があると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に在宅勤務が増え、利用者が2億人余りにまで急増しているテレビ会議システム「Zoom」を提供しているアメリカのIT企業が4日までに声明を発表した。同企業は「Zoom」にセキュリティー上の問題があると説明し、今後対策を急ぐとしている。NHKニュースが報じた。





FBIは3月、「Zoom」にはセキュリティー上の問題があると指摘し、オンラインの授業中などに参加していないはずの何者かが妨害する内容を叫んだり…
続きはソース元で
https://news.livedoor.com/article/detail/18073249/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200405/k10012369171000.html

続きを読む

Source: IT速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。