サムスン、驚異のスマホ向け1億画素超えイメージセンサーを発表

s 3

サムスン電子が業界で初めて1億画素を超える大きさのイメージセンサーを開発した。

5月に6400万画素のイメージセンサーを公開してから3カ月ぶりだ。

サムスン電子デバイスソリューション(DS)部門システムLSI事業部は12日、1億800万画素のイメージセンサー「アイソセルブライトHMX」を開発したと明らかにした。画素(ピクセル)1個当たりの大きさを0.8マイクロメートル(1マイクロメートル=100万分の1メートル)まで小さくした製品で、5月に公開した6400万ピクセルのセンサーと比較しても画素数は1.6倍以上に増えた。


【FX予想】2019年4月24日(水)のトレード結果はプラス6,677円でした♪






モバイル業界で初めてとなるサムスンの1億800万画素イメージセンサーは開発段階から中国のモバイル機器メーカーのシャオミと協力した製品だ。7日にシャオミはサムスン電子が開発した6400万ピクセルカメラセンサーを自社スマートフォン「Redmi」に搭載すると発表…
続きはソース元で
https://japanese.joins.com/article/507/256507.html

続きを読む

Source: IT速報


【無料】毎日1~2%♪月利30%の完全自動売買とは!?





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。もちろん無料です♪直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ




コメントを残す