オコエの二塁到達スピード、球界ナンバー1だった

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/12(日) 06:14:12.60 ID:48uk7Txy0.net


オコエ初3安打 梨田監督「散髪に行くらしいから“3発”打てと」

 グラウンドを風が駆け抜けた。オコエが大きなストライドでダイナミックに黒土を蹴り上げる。最後は二塁へ刺さるようなスライディングだ。3、5回に続く3安打目。プロ初の猛打賞を“らしい”長打で決めた。

 米村一塁ベースコーチは「普通はストップをかけて二塁に行かせないけど、持ってるスピードが違う。打った瞬間、腕を回した」と話した。二塁到達タイムは手元の時計で7秒63。二塁打での二塁到達は8秒29を切れば俊足と評価され、日本ハム・西川や西武・金子侑の7・86秒は球界トップクラスとされている。14年盗塁王の西川が左打席からスタートしたタイムを、オコエは右打席からのスタートで上回った。

20160612-00000000-spnannex-000-0-view




(スポニチ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000000-spnannex-base

3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/12(日) 06:15:38.39 ID:0l+n4TOq0.net

右打席なのに一位って異常だろ

65:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/12(日) 06:43:55.65 ID:Y7M3/s67a.net

Mr.3ベースマンとかになりそう

78:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/06/12(日) 06:50:38.61 ID:d1Ia/docd.net

まず甲子園の時やばかったし

続きを読む

Source: なんJ(まとめては)いかんのか?

コメントを残す