機械学習により、将来「統合失調症」になるかどうかが事前予知可能に

s 7

ハーバード大学とエモリー大学の研究者が、統合失調症や他の精神障害の前段階にある患者の発言を自動分析し、将来的に病気になる危険性を93%の正確性で予測する機械学習ツールを開発した。

統合失調症や精神障害の多くは17歳ごろに前駆症状が出始め、20代で発症します。前駆症状がある人が統合失調症や他の精神障害になる確率は25~30%ほどで、経験を積んだ臨床医は構造化面接や認知テストを通して80%の正確性で将来的な精神障害を予測可能だといわれています。


【FX予想】2019年4月24日(水)のトレード結果はプラス6,677円でした♪






今回開発された機械学習を用いた手法は、前駆症状を持つ人の会話の中から将来的に病気になるパターンを見いだすというもの。精神障害にかかっている人の発言の中に一定のパターンがあることは、これまでも知られていました。

この研究で…
続きはソース元で
https://gigazine.net/news/20190618-machine-learning-schizophrenia/

続きを読む

Source: IT速報


【無料】毎日1~2%♪月利30%の完全自動売買とは!?





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。もちろん無料です♪直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ




コメントを残す