Intel CPUの供給不足問題は2019年第2四半期に深刻化。AMDのシェア増加

台湾のDigitimes Researchの調査・予測によれば、Intel CPUの供給不足問題は2019年第2四半期に深刻化するという。

同社はIntel CPUの供給不足は2つの要因があると分析している。

1つはIntelがモバイル分野でボリュームゾーンに据えているCore i5プロセッサ。Kaby Lake世代まではデュアルコアだったものが、Kaby Lake Refresh世代ではクアッドコアに変更されたため、ダイ面積が増え、1つのウェハから取れる数が少なくなっている。


【FX予想】2019年4月24日(水)のトレード結果はプラス6,677円でした♪






もう1つは、より高い利益を生むハイエンドCPUの製造に注力しているため、エントリー向けセグメントのApollo LakeとGemini Lakeプロセッサの供給を絞った点であるとしている。中国のホワイトボックスメーカーは、2018年9月以来、エントリー向けプロセッサの供給をIntelから拒否されているという。

2019年第1四半期に入ってから供給不足が若干緩和されたのは、AMDプロセッサ採用率が高まっているからであるとしており、HPとLenovoは劇的な改善を見せ、Dellは完全に解消するとしている。

このためノートPC出荷台数に対するAMDのシェアも増加する見込みで…
続きはソース元で
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1174/612/amp.index.html

続きを読む

Source: IT速報


【無料】毎日1~2%♪月利30%の完全自動売買とは!?





ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。もちろん無料です♪直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ




コメントを残す