フォトジェニックの極み! ソフトクリームを自分の好きなようにデコれる『#goody(グッディー)』が超楽しい!!

昨今、SNSを意識した商品が巷(ちまた)にあふれていることは周知の事実だ。キレイに写真を撮ることができれば、そりゃSNSにアップしたくなるよな。今回紹介するのはソフトクリームだが、これもバリッバリに写真映えするシロモノだぞ。

京都にある「#goody(グッディー)」というお店では、ソフトクリームを自分の好きなようにデコれる。京都らしさ満載のトッピングもあり、観光気分も最高に盛り上げてくれる優れものだ。記者も試してみたので、ご覧あれ~!

・組み合わせは自由自在

暑い時でも寒い時でも無性に食べたくなる、それがソフトクリームだ。いつ食べても嬉しい気分になるが、「#goody(グッディー)」ではよりパワーアップさせることができる。具体的にどうパワーアップするのかと言うと、可愛らしいチョコやクッキーなどのトッピングを好きなだけ乗せられるのだ。

まずはミルク・レモン・ミックスソフトクリームの中から、ベースとなる味を選ぶ。次は10種類あるトッピングコーン(550円)から、好みのものをチョイス。仕上げに5種類のチョコ、12種類のクッキーから思い思いにトッピングしたいものを決めれば完成だ。ただし、チョコとクッキー共に追加料金となるので選びすぎには注意しよう。

・店舗2階はフォトスペース

記者は京都をイメージしてあらかじめセットされていた組み合わせがあったため、それを選択した。緑色のトッピングコーンにKYOTOと書かれたチョコ、大文字山のクッキーだ。華やかな見た目でとっても可愛い! ただ、お値段はトータルで1100円と、ソフトクリームにしてはちょっと高めになってしまった。


FXの聖杯を知っている人からすると⇒みんな騙されてるなぁ…って感じ!?





FX自動売買プログラムを簡単に作れる!MT4EAエディタ


気を取り直し、写真に収めることにしよう。有り難いことに店の2階はフォトスペースになっていて、自由に撮影できるようになっていた。大きな窓から差し込む光で写真も撮りやすく、おまけに空調も涼しめに整えられているのか、ソフトクリームも溶けにくいような気がした。

同店はお土産物屋などが並ぶ、にぎやかな商店街の一角に店を構えているため、フラリと立ち寄るにも絶好のスポットだ。チョコやクッキーが勢ぞろいなので、組み合わせを考えるだけで楽しいぞ! 

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 #goody(グッディー)
住所 京都府京都市中京区桜之町406番地1−B
時間 11:00〜20:00
定休日 なし

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24


FXの聖杯を知っている人からすると⇒みんな騙されてるなぁ…って感じ!?




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ



コメントを残す