【ぼっち悲報】ネットでは「孤独感」を紛らわせないことが判明・・・リアルで顔と顔をつきあわせることが必要だった

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

無人島に1人残され、食欲・睡眠欲などの基本的欲求は満たされた状態で、人とのコミュニケーションはモバイル端末越しのみに制限された時、人は孤独を感じるものなのか、それとも問題なく生活できるのか?という問いの答えとなる研究結果が示されました。オレゴン健康科学大学のアラン・テオ助教授らが発表した研究結果によると、人の孤独感をやわらげ、うつや慢性疾患を防ぐためには、電子端末越しではなく、顔を直接合わせる形のコミュニケーションが必要とのこと。

心理学者のスーザン・ピンカー氏によると、ここで語られている「無人島に1人残され、食欲・睡眠欲などの基本的欲求は満たされた状態で、人とのコミュニケーションはモバイル端末越しのみに制限された時」というのは、現代のアメリカ人が置かれた状態のメタファーであるとのこと。先進国で暮らす現代人の多くは基本的欲求が満たされ、85%はインターネットにアクセスしているため、端末越しに誰かとつながることは可能にも関わらず、全体の26%は極度の孤独を感じています。




過去の研究で多くの心理学者が、うつ・慢性病・早期の死を引き起こすカギは、友人や家族に拒絶されたり無視された時の感情、つまり「孤独感」にあるということを明らかにしてきました。しかし、中年期・壮年期にある人が孤独を感じる割合は、1970年代には14%であったのに対し、今や40%にまでふくれあがっています。
~(略)~
孤独感をやわらげるにはネットでなくリアルで顔と顔をつきあわせる必要があることが研究で判明 – GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20160607-visit-real-not-virtual/

続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式

コメントを残す