IT識者「Win10導入を迷ってる人へ。不都合がない限りはアップグレードしたほうがいい」お前ら急げ!

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

2016年7月29日、いよいよWindows 10の無料アップグレード期間が終了する。Microsoftのかなり強引なWindows 10インストールへの誘導策によって、一般ユーザーの間にマイナスイメージが広がりつつある状況だが、OS自体の評価は分けて考えるべきだろう。

そもそも、無料アップグレードの対象となるWindows 7/8.1搭載のPCは、この機会にWindows 10を導入すべきなのだろうか。

結論から言うと、「不都合がない限りは、Windows 10にアップグレードしたほうがいい」となる。不都合とは、動作しない周辺機器やアプリケーションがある、メーカーサポートが受けられなくなるといった問題だ。




無料アップグレードの対象となっているWindows 7/8.1からWindows 10まで、PCのシステム最低要件は変化していない。アップグレード時に警告が出ない限りは、そのままWindows 10にアップグレードしても操作の体感スピードはほとんど変化せず、目立って動作が遅くなるような問題もほとんどないだろう。筆者も手持ちのPCをWindows 10にアップグレードして使っているが、そこは問題ない。
~(略)~
無料アップグレードは来月終了 Windows 10の導入を迷っている人へ (ITmedia PC USER) – Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000021-zdn_pc-prodより一部引用:続きはソースで

続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式

コメントを残す