国際特許出願、中国が日本を初めて上回り世界第2位に。アメリカを抜くのも時間の問題か

国連の専門機関は、去年、世界各国が出願した国際特許の数を発表した。中国が日本を初めて上回って世界第2位となり、過去40年間、首位を守ってきたアメリカを中国が追い越すのも時間の問題だと指摘している。

国連の専門機関WIPO=世界知的所有権機関は、去年1年間に世界で出願された国際特許の数をまとめ、21日、スイスのジュネーブで発表しました。

それによりますと、WIPOを通じて出願された国際特許の数は、アメリカが5万6624件で40年間連続で1位でしたが、次いで中国が4万8882件で2位となり、2003年以来、14年間2位だった日本を初めて上回りました。


FXの聖杯を知っている人からすると⇒みんな騙されてるなぁ…って感じ!?





FX自動売買プログラムを簡単に作れる!MT4EAエディタ


企業別の出願数で見ると、いずれも中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」が1位と2位で、主に情報通信分野の企業の出願数の増加が中国の順位を押し上げました。

また、地域別に見ると、世界全体の国際特許の出願のうち、半数近くが東アジアからで、中国と日本がけん引役になっていると指摘しています。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180322/k10011374051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

続きを読む

Source: IT速報


FXの聖杯を知っている人からすると⇒みんな騙されてるなぁ…って感じ!?




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法をお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。お問い合わせは、コチラからどうぞ♪

ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪

お問い合わせ



コメントを残す