お前らってよく無為に何もせずダラダラ過ごす時あるだろ? 実はそれ創造性の秘訣なんだぜ

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

デキる人は知っている? 「ダラダラ時間」がもたらす意外な効果 – 新刊JPニュース
~(略)~
■ダラダラしている時間こそ脳は活性化する

脳のオートパイロット機能という最新の脳神経科学研究や心理学、哲学などから「ダラダラ」の重要性を解き明かす『できる人はダラダラ上手』(アンドリュー・スマート著、月沢李歌子翻訳、草思社刊)によれば、「脳を安静にする時間が多いほど、“ひらめき”の瞬間が多くなる」という。

例えば、飛行機の操縦には、常に全神経を集中しなければならない。高度が上昇し、速度が増し、飛行時間が長くなれば、操縦士の疲労は深刻で危険なレベルに達する。そこで導入されたオートパイロットのおかげで、操縦士は飛行機を実際には操縦することなく休息をとり、離着陸といった危険度の高い局面のために精神エネルギーを温存することができるようになった。




実は人間の脳にも、このオートパイロット機能が備わっているという。

2001年、セントルイス大学の認知神経科学者であるマーカス・E・レイクル氏は安静時の脳活動に関して、私たちが何もしていないときに活発化する「デフォルトモードネットワーク」を発見した。これは、脳が外部に注意を向けていないときに、動きが活発化するネットワークであり、いわば、脳のオートパイロット機能といえるべきものだった。

■行き詰った時には無為な時間を過ごそう
~(略)~
http://www.sinkan.jp/news/index_6827.html

4794220510
できる人はダラダラ上手: アイデアを生む脳のオートパイロット機能

続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式

コメントを残す