Huawei(ファーウェイ)「5年以内にサムスンとアップルを抜く」

.article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、向こう5年以内にスマートフォン市場でのシェアを25%以上に引き上げ、韓国のサムスン電子と米アップルを抜いて首位に立つことを目指している。

 華為の消費者向け事業を統括する余承東(リチャード・ユー)氏はウォール・ストリート・ジャーナルとf.oundersが香港で主催したIT(情報技術)関連イベント「コンバージ」で、「世界一のスマホメーカーになりたいと考えている。道のりは長いが、われわれは我慢強い」と述べた。




 華為はスウェーデンのエリクソンと並ぶ世界有数の通信ネットワーク機器メーカー。ここ数年は携帯電話メーカーとしても急成長しており、世界のスマホ市場でサムスン、アップルとの差を縮めつつある。 
~(略)~
華為技術、スマホ市場でサムスン・アップル超え目指す – WSJ
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10513819889225894892604582105810848506438より一部引用

続きを読む

Source: ライフハックちゃんねる弐式

コメントを残す